水道修理業者に水まわりのつまりを解消してもらおう

家庭の水まわりの設備で、排水管のつまりが発生してはいないでしょうか。水が以前に比べて少しスムーズに流れなくなったような気がするなら、一度水道修理業者に見てもらっても良いでしょう。ここでは、水道修理業者への依頼が多い症状についてご紹介します。頻繁につまるようなら、ただちに修理をするのがおすすめです。

■屋内の設備のつまりの症状

トイレで水を流すと、便器の縁まで水位が上がり、そこからだんだんと水が減っていくケースが多いです。もっと悪化すると、水が流れず溢れてしまうケースもあります。排泄物とトイレットペーパー以外の異物を流してしまったときにもトラブルが起こります。
キッチンでは、排水口の水はけが悪かったり、ひどいときには排水口から水が逆流したりする恐れがあります。食べかすや油などが流れて排水管の内側にこびりつきやすいキッチンは、トラブルが起きやすい場所です。排水口の生ごみ処理機能が破損していて水が流れない場合も、修理が必要です。
浴室では、洗い場の排水口や浴槽の排水口の水はけが悪い場合につまりが発生していると考えられます。せっけんカスや髪の毛、皮脂などが流れ込む浴室も、掃除を怠るとつまることがあります。排水口から流した水が逆流してきていて、排水口を掃除しても改善しないなら修理が必要でしょう。
洗面台でも、浴室の場合と同様に髪の毛やせっけんカスなどがつまりやすいです。外した指輪やコンタクトレンズなどの小さなものを落としてつまらせるケースもあります。

■屋外の設備のつまりの症状

屋外の水まわりの設備でつまりが発生することが多いのは、水柱栓の水受け、排水管、排水枡などです。つまりが原因で排水枡から水があふれてくるトラブルが起こる可能性があります。屋外の排水管のつまりが屋内の水まわりにまで影響することがありますので、注意しましょう。家の外に出た際に、ときどき異常がないかを点検してみると良いでしょう。異常が見受けられたらすぐに修理を行うのが、大きなトラブルを引き起こさないためには大切です。



■まとめ
排水管 水漏れはつまりを放置することによって引き続き起こされることもありますので、早めの対処を心がけましょう。異物を排水口に落としてしまったら、無理に流そうとせずに業者を呼んで取り除いでもらいましょう。
また、普段からパイプクリーナー剤や重曹などを使って排水管をきれいに保っておくと、つまりの予防になります。日常の掃除のついでに、定期的に掃除する習慣を身につけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ