水道修理業者に依頼の多い水漏れの原因

排水管 水漏れは、発見次第すぐに修理をするようにしましょう。トイレの床やキッチンのシンク下の収納の中が濡れているなら、水漏れを疑いましょう。また、蛇口が水漏れの不具合を起こし、水道修理業者に修理を依頼しなければならない場合もあります。ここでは、排水管と蛇口の水漏れが起こるのはなぜか、考えられる原因を見ていきましょう。

■排水管

排水管の水漏れが発生する原因として多いのは、主に3つです。1つ目は、蓄積した汚れがパイプの内部に付着したり、異物が内部に混入したりして、水の流れが悪くなることです。水の流れが滞っている状態でさらに水が流れてくると、パイプが耐え切れなくなり、パーツ同士を接続している部分から水がにじみ出てきます。
2つ目は、地震の振動や外部からの衝撃が加わることで、接続部分に使われているナットにゆるみが生じることです。ゆるみがあると隙間ができて、そこから水が染みだしてきたり、ひどいときにはパイプが外れたりします。
3つ目は、経年劣化や破損です。排水管の寿命は一般的に10年から15年程度であるといわれています。もしも自宅の排水管が寿命を超えているなら、いつ不具合が起きてもおかしくないでしょう。パイプ本体だけでなく、接続部分に使われるゴムパッキンも劣化すると固くなり、接続部分の隙間を埋められなくなるため、水漏れの原因となります。これらを避けるためには定期的なチェックが必要ですが、誤って排水管を傷つけてしまい、穴あきや亀裂などの破損を招くこともありますので、古い排水管は業者に頼んで点検してもらうと良いでしょう。

■蛇口

蛇口を閉めたのにポタポタと水が垂れてくるトラブルは、蛇口のハンドルやレバーに使われているスピンドルというパーツが関係している可能性が高いです。スピンドルが劣化、破損していると、蛇口を閉めても水が通るのを防ぎきれません。また、ハンドルを回すとスピンドルが上昇し、ケレップというパーツが水圧によって上へ押し上げられると水が出てくる仕組みですが、このケレップの劣化、破損が原因となることもあります。
蛇口を閉めるときに強い力で閉めすぎると、ケレップをはじめ他のパーツの破損につながります。蛇口を閉めるときは適度な力加減を意識して、水漏れを予防しましょう。


■まとめ
症状がそれほど酷くなく、修理しなくても使い続けられるからと水漏れを放置することには、さまざまなリスクがあります。床や壁、家具家電が濡れて痛んだり壊れたりする可能性があるだけでなく、症状が悪化して水量が増えれば、下の部屋にまで浸水する恐れもあります。問題の場所の水道の使用は中止し、業者を呼びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ